不動産の価値はどこで見極めればいいのか?

不動産売却をお考えの方は、不動産の価値とは何なのかを知っておくことが大切です。 - 不動産の価値はどこで見極めればいいのか?

更新情報

アーカイブ

不動産売却サイト

不動産の価値はどこで見極めればいいのか?

grearga
不動産売却(査定)を検討している人は、まず不動産の価値はどこで見極めるのか知ったほうがいいでしょう。
見極めができるようになれば損をせずに売却することも可能です。

不動産の資産価値は何で決まるのか

不動産の資産価値というのは何で決まるのでしょうか。どうしても新築で購入した不動産も年月が過ぎれば価値は下がります。資産が目減りしているように思えるために購入したいけれど思い切れない人も多いのではないでしょうか。不動産の価値というのはどこで決まっているのか、下がりにくい不動産はどのような物件なのか、それが分かれば売却についても有利に進められるでしょう。

利便性は資産価値と関係している

利便性が高い不動産は資産価値が高いでしょう。資産価値を高めるポイントの一つとしてリッチがあるのです。駅からの距離が利便性を測る一つの目安となります。駅から近ければ近いほどに資産価値は高まります。また事業集積地との距離なども関係しています。首都圏で言えば、都心からどれだけ近いかということになります。都心から近ければ近いほどに不動産の価値はあがります。ですから駅から近くて都心からも近い場所、それが資産価値が高い不動産ということになるでしょう。駅と都心の距離、これはどちらが近いほうが有利になるのか、それは、都心への距離が近いほうが不動産の価値は維持しやすいと言われています。ですが郊外の場合には、1駅から2駅、都心から離れたとしても、駅から近ければ特に問題なく、価値が維持されやすいというメリットもあります。

価値の9割は立地で決まる

実は不動産の価値の9割は立地で決まります。建物のというのは1割にも満たないものです。間取り、広さ、それだけ設備が整っているのか、そういった個別性が価値につながると思っている人も多いかもしれませんが、それは一部でたった1割にしか過ぎないのです。広さなら価値が下がりにくい広さはマンションであれば50平米、90平米はいいようです。広い方がもちろん価値は下がりにくいでしょう。広い物件というのは絶対数そのものがあまり多くはないので価値があまり下がらないメリットもあります。

賃料の相場も重要

実はその土地の資産価値を調べるにあたっては、賃料の相場も関係しています。資産価値重視で考える場合に、その地区の資産価値を比較する前に賃料を目安にする方法があります。駅からの距離、広さ等同じような条件の物件の情報をチェックすることで人気があるエリアを知ることができます。資産価値がいくらで、高いかどうかを知るためには、賃料の相場が高ければそのまま反映されることとなりますのでわかるでしょう。資産価値が下がりにくいエリアが価値が高いエリアということになるのです。不動産の価値が何を重視して考えられているのか、あまり知られていないですし、物件の場合は設備などが関係しているのかと思われがちなのですが、実際はそうではありません。実際は立地がとても重要で人気があるエリアなのかどうか、そういったことも重要になってきます。左右されることの一つですので覚えておくことで、価値を考える際に役に立つでしょう。
不動産の価値を見極めることはとても大事なことです。不動産の価値が何を基準にして判断されているのか、価値を検討する場合にはどのような考え方をしていればいいのかなど知るためにまずは情報収集をするといいでしょう。情報収集をして知る必要があります。

不動産査定でお困りの方に

不動産査定
http://www.hudosanbaikyaku-navi.com/

Copyright(C)2016不動産の価値はどこで見極めればいいのか?All Rights Reserved.